“腸活”ボクシングトレーナー森元秀樹さんインタビュー


img_3109

【プロフィール】

森元秀樹
兵庫県尼崎市出身。
県立尼崎稲園高校卒業。
高校2年からボクシングを始め、18歳でプロ試験に合格。その後上京して、具志堅用高の事務所に所属。
元 白井・具志堅スポーツジム所属のボクサーであり、トレーナーであり、運転手を経験させていただいた「腸ボクササイズトレーナー」
連絡先:090-3690-0683

椋本:こんにちは。はじめまして。今日は腸ボクササイズダイエットについてお話を伺いたと思います。

森元:こちらこそよろしくお願いします。

椋本:“腸活”ボクシングを始められたきっかけを教えてください。

森元:高校2年生の時にボクシングを始めて18歳の時にプロ試験に合格し、高校を卒業して上京し、具志堅さんのボクシングジムでお世話になっていました。

しかし、母親がガンになり尼崎に戻ることにしました。それから、ガンについて勉強を始めました。

椋本:お母さんの病が治って欲しいという一心ですか?

森元:そうです。ですから、たくさんの本も読みましたし、「この先生は」と思う先生には会いに行って、ガンについてのお話をお聞きしました。

椋本:思いが強かったのですね。

森元:思いが強いというよりも、母は看護師で、常に体のことを大切にする健康おたく的なところがありました。なのに、「なぜガンになるのになるのか?」という疑問を解明したいという気持ちもありました。

腸を整える

img_3051

椋本:今は?

森元:結局、脳腫瘍で亡くなりました。その後、ガンについて多くの方に知ってもらいたいと思うようになりました。ガンは知っているけれど、その闘病生活についてはあまり知られていません。

また、ガンを克服される方もおられます。だから、ガンについてのいろんなことを知ってもらいたいんです。

椋本:そのために何かされていますか?

森元:健康についてのセミナーもしていますし、事務に通われる生徒さんにもお話しています。

椋本:健康と”腸活”ボクシングとのつながりは?

森元:体の痛みを訴えられる方はたくさんおられますよね。このような方にお役にたてないかと考えた時に”腸活”ボクシングを思いつきました。

椋本:体の痛みは、筋肉の低下によるところが大きいと聞いたことがあります。

森元:そうですね。筋肉量が落ちてくると体を支える機能が低下し、ひざや腰などに痛みが出てきます。だから、筋肉を無理なく鍛えることができれば痛みは改善していきます。

椋本:私は学生時代アメフトをしていましたので、筋肉を付けるためにはハードなトレーニングをしなければならないというイメージがあるので、気軽に取り組む気にはなりません。

筋肉に張りを作る

img_3068

img_3056

img_3064

森元:ハードなトレーニングをしなくても筋肉を付けることはできます。しかも、楽しみながらできます。そのプログラムが”腸活”ボクシングなのです。

椋本:“腸活”ボクシングといえばダイエットというイメージがありますよね。

森元:そうなんですが、うちの”腸活”ボクシングは「腸」にこだわっています。これは、母がガンになった時に健康について勉強したことが起因です。

「腸」は体と密接につながっています。腰が曲がっている年配の方でも「腸」を整えると段々と背筋がしゃんとしてきます。

椋本:筋肉の低下ではないんですか?

森元:腸が収縮して体の筋肉を内に引っ張ることによって起きるのではないかと考えています。

椋本:それでは、森元さんが提唱する”腸活”ボクシングは痛みを取るためのものですか?

森元:本来の目的はそうなのですが、「痛みを取る」とは言えないんですね。

椋本:薬事法の問題がありますからね。

森元:ですから、うちも「ダイエット」と謳わざるを得ないんです。また、確実に痩せますので「ダイエット」と謳ってもいいかなと。

椋本:ダイエットと謳えば、本来、痛みのある比較的年齢の高い層ではなく、若い世代層が来るのではないですか?

森元:そうです。痛みのある方は、口コミで来られますね。

ボクササイズ

img_3079

img_3095

img_3098

椋本:いつ頃から始められたのですか?

森元:そうですね。もう3年になります。

椋本:その間に指導された方は何人くらいですか?

森元:1000人は超えますね。教室だけではなく、いろんな会場を使って、多数に教えることも多いですからね。その中から個人レスンを受けられる方がでてきますね。

椋本:個人レッスンの場合は、どのような内容ですか?

森元:8回コースで5万円です。1回の受講は約2時間ですね。

単に、”腸活”ボクシングをするのではなく、体を保護しながらやらなければいけないですから、まずは、丁を整えることからスタートして、筋肉にはりを作るための軽い筋肉運動をして、それから、楽しみながらボクササイズをしていきます。

そして最後には、クールダウンとして筋肉の張りをほぐしていきます。

クールダウン

img_3105

img_3103

椋本:今日も一通り見せていただきましたが、濃い内容で、しかも、無理なくできることがわかりますね。

森元:そういっていただくと光栄です。

椋本:ところで、10月15日(土)にお世話になった具志堅用高さんの講演があるのですか?

森元:ええ、そうなんです。1部が12:00~13:30、2部(具志堅を囲む会)が14:00~15:00.アルカイックホールで開催されます。

椋本:お世話になった方ですから、応援しないといけませんね。

森元:そうなんです。恩がありますからね。

椋本:チケットの購入はどうすればいいですか?

森元:私の連絡いただければと思います。定員は300名なので、お早めにチケットをお求めいただければと思います。

椋本:今日はありがとうございました。増々のご発展を祈願しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加