Live Spot Arrow 代表 毛田 裕美さんにインタビュー


img_3235

【プロフィール】

Live Spot Arrow
代表 毛田 裕美(けだ ゆみ)
兵庫県西宮市出身。
高校卒業後、株式会社協和銀行(現:りそな銀行)へ就職、船場支店融資係において8年間勤務した後退職。
退職後、会社員・派遣会社スタッフ等を続けると共に、平成2年頃より株式会社サウンドニューにおいて「アロージャズオーケストラ」を中心に、コンサート・イベント・講演会等の司会者として活動を始める傍ら、プロダクション部門のスタッフとして勤務。

また、アロージャズオーケストラファンクラブの事務局長でもある。

平成16年、アロージャズオーケストラの本拠地とする「Live Spot Arrow」起ち上げに伴いマネージャーとなり、平成28年にはLive Spot Arrowを引き継ぎオーナーとなる。

img_3187

椋本:ここを始められたきっかけについて教えてください。

毛田:2004年7月にアロージャズオーケストラ(AJO)」のホームグラウンドとしてできました。私は、当初からマネジャーをしていました。そして、将来はお店を任すからということで、2014年4月から私は運営をしています。

椋本:ジャズスタジオですからジャズ一本で運営されてきたのですか?

毛田:いえ、そんなことはありません。オープン当初はジャズばかりでした。

椋本:ジャズバンドばかりを呼ばれていたということですか?

毛田:当初は、アロージャズオーケストラであったり、そのつながりでいろんな方が出演されました。皆さんが知っている人であれば、渡辺真知子さん、阿川泰子さん、宇崎竜童さんも出演されています。

img_3205

椋本:有名な人も来られてたんですね。現在はどうですか?

毛田:企画的に打ちだせば、集客は見込めますね。

椋本:毎回そういう訳にもいかないですよね。

毛田:そうです。ジャズを聴いていた人たちの高齢化で集客数が減少していることがありますので、今は、いろんなことに取り組んでいます。

椋本:例えば?

毛田:ここをジャズのライブハウスではなく、イベントスペースと位置付けて、クラッシックの方、インディーズの方といった音楽をされる方だけではなく、落語や演劇なども行っていく、アミューズメント運営していこうかなと考えています。

椋本:出演者がいて、集客はこちらでされるということですか?

毛田:それは、色々です。こちらで集客する場合もありますし、出演者が集客する場合もあります。どちらが集客するかによって運営も変わります。

椋本:他にされていることはありますか?

毛田:貸しスタジオとしても使っていただいています。

img_3231

椋本:なるほど。ピアノや他の楽器、音響や照明もありますからね。

毛田:練習に使われる方、ライブに使われる方がおられましね。使用料も他のスタジオよりはお安いと思いますよ。

椋本:他にもあるのですか?

毛田:新しい取組として、月1回、第三火曜日にホールとして社交ダンス愛好家の方に、社交ダンスを楽しんでいただくことにしました。

椋本:社交ダンスですか?まったく趣が違いますね。

毛田:武庫之荘は社交ダンスをされておられる方が割と多いようです。

椋本:しかし、社交ダンスはパートナーが必要じゃないですか?ペアで来られるのですか?

毛田:ペアが見つからない場合もあるので、リボンさんを用意しています。

椋本:リボンさんってなんですか?

毛田:最近は、女性のパートナーが少ないんです。だから、ペアで踊ってくれる男性が必要なんですね。そのの方をリボンさんって言います。

椋本:逆はないのですか?

毛田:ほとんどないですね。社交ダンス愛好家は女性が圧倒的に多いようです。

img_3230

椋本:まとめますと、コンサートを演出される場合、ホールとして貸す場合、貸しスタジオにする場合があるのですね。

毛田:大きく分けるとそうですね。

椋本:スケジュールを見ていると、土日、もしくは平日の昼間が多いですね。となると、夜の時間が空くようになりますね。どのように使われているのでしょうか?

毛田:お昼のイベントでも、後片付けをすると6時になるのですね。それに住宅街ですので、10時半以降音を出すことができないので使いようがないんです。4時間でも練習に使いたいという方がおられれば、もちろんお貸しします。

img_3202

椋本:貸しスタジオの料金はいくらですか?

毛田:1時間3000円(税別)です。

椋本:6時間借りても18000円(税別)ですね。貸しホールの場合も同じですか?

毛田: イベントとしての貸しホールの場合は、一日10万円(税別)です。

椋本:一日10万円以外の支払うものはありますか?

毛田:他のスタジオでは、オプションとしているらしいですが、当スタジオは、ここにあるすべての機材を自由に使っていただけます。もちろん、コンサートができるのですから、音響も照明もすべて揃っています。

椋本:そう思えば、リーズナブルなのですか?

毛田:多分そう思います。

img_3199

椋本:今後は、この3本で運営されると思いますが、コンサートなどは内容が変わるということですね。

毛田:ジャズだけではなく、他のこともしていきます。宝塚のOGの方がデビューしてくださいましたし、落語家さんも定期亭に高座を開こうかという話もあります。ホークソングを中心にした歌声酒場も企画しています。

椋本:歌声酒場ですか?昔の歌声喫茶のようなものですか?

毛田:ステージにリードしてくれる方がいて、客席の方もみんなで歌うというスタイルです。

椋本:面白いですね。

毛田:歌いたいという方やストレスを発散したいという方が来てくださればいいですね。

椋本:お客様参加型の企画ですね。

毛田:ありがとうございます。

椋本:「Live Spot Arrow」を知りたい方はどうすればいいですか?

毛田:今のところは、ホームページですね。

www.arrow-jazz.co.jp/LSA/

椋本:みなさん、集まってくれるようになればいいですね。

img_3235


このエントリーをはてなブックマークに追加