尼崎スポーツの森へ行きたい時に読んでほしい5点


DSC_0127

尼崎スポーツの森は、尼崎市の南、尼崎の森中央緑地の北側ゾーンにある西日本最大級の複合スポーツ施設。スイミングをはじめ、アイススケート、フットサル、グラウンドゴルフ、フィットネス等の施設が充実しています。

アスリートによるいろんな競技を観戦したり、健康増進のために汗を流したりしてみませんか。

img_f01

プールはどんな感じ?

尼崎スポ−ツの森には、メインプール “はばタンアリーナ50”とサブプール “はばタンアリーナ25”があります。

トップアスリートが養成できる国際公認屋内のメインプールは、水深が変化する可動床プールで、競泳やシンクロ、水球競技、健康運動対応などさまざまなバリエーションで楽しむことができます。

一方、サブプール(35mと幅広のプール)はコース数全14コースで、コース幅は2.5mとゆったり。スイミングや水中歩行、水中運動のほか、滑り台付子どもプールやスパプール、リラクゼーションプールが併設されているので、くつろだり、子供を遊ばせたりすることも。

特に子育てママに嬉しいのがフィットネス施設「スポレスト」。自分の健康づくりはもちろん、子どもスイミングスクール(赤ちゃんから競技選手を育てるクラスまで)で、目的や成長に合わせたレッスンが受けられます。

プール&フィットネスの会員になると、尼崎スポーツの森の各施設利用時にメンバー限定のサービスが受けられますよ。

アマラーゴって?

流水プールと造波プール、遊具プールがそろったウォーターパーク「アマラーゴ」。上流水プールも浅めで安心でき、ファミリーには最適なアミューズメントプールです。

無料シャトルバスは?

尼崎スポーツの森を利用される皆様のために無料シャトルバスを運行しています。立花ルート、甲子園ルート、武庫川ルートの3ルートがあります。ルートや時刻表は尼崎スポーツの森ホームページでご確認ください。

・立花ルート…JR立花 第1自転車駐車場前⇔尼崎競艇場バス停⇔尼崎スポーツ森
・甲子園ルート…阪神甲子園駅臨時出口⇔尼崎スポーツ森
・武庫川ルート…尼宝線 松内町バス停⇔尼崎スポーツ森

アイススケートは?

尼崎スポーツの森では、冬季(10/1〜12/19、翌年1/13〜4/12の平日のみ)にアイススケートが楽しめます。

メインプールの可動床システムの特徴を生かし、フロアをプールサイドと同じ高さにしてアイススケートリンクとして活用。スケート靴は約1400足(15cm〜30cm)用意されているので、誰でもいつでも気軽の楽しむことができます。

シーズン中はアイススケート教室もあり、スケートだけでなくアイスホッケーなども。また、団体の場合は24時間対応しています。

フットサルは?

イタリア製人口芝(FIFA採用)を使用したフットサルパークのコートが3面。安全面や足に負担を掛けないクッション性も考慮され、人工芝とは思えない感触です。

フットサル大会から8ソサイチ大会まで出来る全天候型で、イベントもいろいろ開催されています。ナイター設備も充実し、もちろんシャワー室・更衣室完備。

また、クラブハウス上の広い観覧席では、ビデオ撮影や相手チームのフォーメーションのチェックなどができるので盛り上がること間違いなし!また、8人制サッカースクールも開講。仲間と楽しくボールと触れ合うことができます。

利用する場合は、法人、チーム、学生などの会員登録し、受付時現金払い。利用時間は、平日9:00〜26:00、土日祝8:00〜26:00。グッズ(ボールやシューズ等)のレンタルもしています。

●アクセスは?
尼崎スポーツの森までに行く方法は無料シャトルバスのほかいろいろあります。

公共交通機関を利用する場合は、阪神出屋敷駅から阪神路線バス(尼崎スポーツの森行)約12分、タクシーの場合は尼崎センタープール前駅から約10分。

車の場合は、国道43号線交差点「武庫川」を南へまっすぐ走行し(尼宝線)、交差点「末広町1丁目」を右折して2つ目の信号を左折した右側、阪神高速5号湾岸線の尼崎末広IC出口からすぐ(約3分)。駐車利用料金は無料(駐車場合計1,000台)。

※バスは平日と土・休日で運行時刻が違うので阪神電鉄バス(尼崎営業所)へ問い合わせるか、尼崎スポーツの森のホームページで確認してください。

DSC_0124

まとめ

尼崎スポーツの森は尼崎市の臨海部を対象地域にした「尼崎21世紀の森構想」の一環として整備された施設。

本格プールやジムをはじめ、人工芝のフットサル、自然芝のグラウンドゴルフ、スライダーや流水プール、冬季には50mプールでアイススケート…。ライフスタイルに合わせてヘルシーライフをエンジョイしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加