大阪尼崎倫理法人会へのインタビュー


大阪尼崎倫理法人会 会長 斉藤 博志

インタビュアー マインドアイ 椋本庄治

倫理とは、人間生活の秩序つまり人輪の中で踏み行うべき規範の道筋。善悪・正邪の判断において普遍的な基準となるもの。(コトバンクより)

倫理法人会について

椋本:倫理法人会についてお伺いさせてください。

斉藤:はい。

椋本:倫理法人会とはどのような会なのですか?

斉藤:心の経営を目指す、経営者の会です。
 
椋本:具体的に言いますと。

斉藤:そうですね。丸山敏雄さんという方が気づかれたことがありました。人生を幸福に生きるためまとめた「万人幸福の栞」があります。それをテキストに勉強をしています。

椋本:心と経営は何か関係があるのですか?

斉藤:倫理では、自分の心の持ちようが始まりだと教えていただいています。だから、心持があって、それが行動に出て結果に出るということです。

椋本:どのような勉強をしているのですか?

斉藤:「万人幸福の栞」、先ほどお話しした丸山先生が残された17か条を形にしたテキストを輪読します。それから、倫理について30分ほどの体験を交えた講和をします。

この2つの中に、「あ!そうだったんだ」という気付きがあります。

倫理法人会は全国にある

椋本:倫理法人会は全国にあると聞きましたが。

斉藤:全国にあって6万社の会員がいます。大阪府下で22の会があります。

椋本:大阪尼崎倫理法人会にはどれくらいの会員さんがいらっしゃいますか?

斉藤:114名の会員様がおられます。

モーニングセミナーについて

椋本:今日は早朝から伺わせていただきました。毎週、こんなに朝早くから勉強会をされておられるのですか?

斉藤:尼崎倫理法人会では、毎週木曜日6時30分から、ここ「ホテルポップインアミング」をお借りして勉強会を行っています。文科省の認可する社会教育団体である一般社団法人倫理研究所、所属の経営者の勉強会です。

椋本:こんなに朝早くから勉強会をする理由はなんですか?

斉藤:倫理の実践の一つに朝起きをしようというのがあります。人は本来、我儘です。その我儘を取り除く一つが朝起きなのです。「もう少し寝ていたいな。」という気持ちがあっても、それを断ち切って行動を起こすことから一日は始まっていく。要するに一日を素直な気持ちでスタートさせることが目的です。

モーニングセミナーを行う理由は、我儘を取り除き、素直な気持ちで一日のスタートを切るための朝起き、そのきっかけづくりですね。

椋本:斉藤会長はいかがですか?毎朝、早起きなのでしょうか?

斉藤:そうですね。モーニングセミナーのある日は、準備がありますので4時に起きます。それ以外の日でも5時には起きていますね。お陰様で時間を有効に使えるようになりました。

椋本:朝の早い時間をどのような使い方をされているのでしょうか?

斉藤:体調を整えるために運動をしたり、会社の仕事に取り組むことですね。朝の早い時間は電話も鳴りませんので、仕事が中断されることなく能率がよくなりますね。

椋本:それだけ早起きだと、夜は早く寝るのでしょうか?

斉藤:そうです。夜が弱くなりましたね。11時には寝てしまいますね。

仲間が増える

椋本:ところで、倫理に入っている方は、よく勧誘されますよね。このお誘いする意味はどのようなところにあるのでしょうか?

斉藤:「倫理運動を広めていこう!」というのも活動の中のひとつです。皆さんが倫理について学ばれ実践するとなると、世の中が変わる。そのような壮大な志のもとお誘いしているのです。

椋本:大阪尼崎倫理法人会はいつごろできたのですか?

斉藤:ちょうど7年前です。今年は8年目を迎えています。私が3代目会長にあたります。

椋本:長く会長をやっておられるのですか?

斉藤:任期は最大3年で現在2年目になりました。

椋本:会長をやっていてよかったことは何ですか?

斉藤:同じ目的を持った仲間が増えたことですね。倫理法人会は全国にあり6万社の会員がいます。しかも、どこに行っても同じようにモーニングセミナーが行われています。ですから、出張に行った時でも、モーニングセミナーに参加する、そうすれば、そこで仲間ができる。

椋本:モーニングセミナーって、尼崎は木曜日ですが、他の会は曜日が違うのですか?

斉藤:そうです。火曜日のところもありますし、水曜日のところもあります。日月以外の週5日どこかの単会でモーニングセミナーを行っています。私も他の会に参加しています。尼崎の会員さんが講和をするようなときは、応援に駆けつけますからね。

椋本:なるほど。そういうところで繋がりができ仲間が増えていくのですね。

斉藤:そうですね。

倫理に触れるには

椋本:倫理法人会のことが解らなかった方も、この記事を読んでいただければおおよそのことは解っていただけると思うのですが、もし、勧誘するとしたら何と言った言葉をかけられますか?

斉藤:それぞれ考え方は違うと思いますが、会社の事や家庭のことをよくしたいと思っておられるのなら、気づきがモーニングセミナーの中にあると思いますので、一度、来てもらえればいいかなと思います。

朝は早いですけれども、「朝早起きは三文の得」というように、何かを掴んで帰っていただければうれしいですね。

椋本:モーニングセミナー以外にもあるのですか?

斉藤:夜のナイトセミナーもあります。朝に参加しずらいけれども倫理については学びたいという方にはナイトセミナーがお勧めです。それと年に1回、倫理講演会というイベントもあります。

椋本:これらのイベントは入会を促すためのものですか?

斉藤:入会を促進させる目的もありますが、まずは、会員の学びの場です。会員が、しっかりと倫理を学ばなければ、その良さが解らず、人に勧めることはできないですからね。

椋本:なるほど。倫理を学べば考え方が変わり、人生観も変わるということですね。

お問い合わせ
大阪尼崎倫理法人会 事務局
〒659-0067 兵庫県芦屋市茶屋之町2-21-303
(株式会社極東ブレイン内)
TEL:0797-22-1256 FAX:0797-22-1412
FacebookページURL:https://www.facebook.com/amagasakirinri/


このエントリーをはてなブックマークに追加